Archive for the ‘セキュリティ’ Category

【LINE】知らない間にFBの友だちが追加されないよう㊙セキュリティ技

知らない間にFacebookの友だちに追加されちゃった!対策はコレ!

思った以上に簡単に出来る設定で、友だち管理が安心楽チン!

LINE

LINE

今やLINEもFacebookも、ネット時代の私たちには無くてはならないツールですよね?

でも、LINEで次々とFacebookの友だちが知らない間に追加されていることに「あれ???」と驚くことはありませんか?

コレ、LINEとFacebookの一種の連携機能によるもので、便利な反面、「知らない間に追加されてしまう」ということもあって、Facebookの友だちが多い人にとっては困りもの。

うっかりしていると、個人情報が意に反して広まってしまうので、要注意です。でも、簡単な設定で

そんなときの対策を今回教えちゃいます♪

 

どうして友だちが追加されてしまうのか

それは、実はLINEの設定だけではなく、iPhoneの設定やFacebookの設定のいくつかが「友だちを認証」してしまう条件に合致してしまったときに起きる現象なんです。

ひとつは、

  1. あなたがFacebookに携帯電話の情報を登録していること
  2. あなたがFacebookに登録している携帯電話の番号が「一般公開〜友だち」になっていること
  3. iPhoneとFacebookの連絡先の連携を許可してしまっていること

ひとつひとつをそれぞれチェックし変えていくことで、「知らない間にFacebookの友だちがLINEの友だちになってしまわないように」変えることが出来るんです。コレ重要です!

 

□iPhoneの「連絡先」を開いてチェック

まずはiPhoneの「連絡先」を開いてみましょう。

友だちの情報を開いて見てみると、アイコン写真の左下に小さく「Facebook」のマーキングがついていませんか?

これ、「Facebookからの経由して登録された友だち」ということを示してくれています。

それでは「LINE」の「友だち」欄も見てみましょう。ホラ、同じ人がいましたね。

【LINE】知らない間に友だちに追加されないように㊙技でセキュリティ対策をしよう!

Facebookマークのついた友だちがLINEの「友だち」にも追加されている

いくらFacebookで友だちになったとは言え、無料通話が簡単に出来るLINEなどへの「友だち」追加はちょっと、、、、というときには、きちんと設定を見直しておきましょうね!

 

まずは、先ほどの3つの条件をひとつずつチェックして潰していきましょう。

  1. あなたがFacebookに携帯電話の情報を登録していること
  2. あなたがFacebookに登録している携帯電話の番号が「一般公開〜友だち」になっていること
  3. iPhoneとFacebookの連絡先の連携を許可してしまっていること

このうちの

「あなたがFacebookに携帯電話の情報を登録していること」

を攻略してきます!

 

□設定1 Facebookの携帯電話情報を削除

iPhoneの「Facebook」アプリの「基本データを編集」を見てみます。

携帯電話情報が登録されていたら、それを削除してしまうこともひとつの手段です。

ただ、PCからだけでなくiPhoneからも「Facebook」にアクセスする人は、この携帯電話情報を消してしまうと、iPhoneからアクセスが出来なくなってしまうので、その場合は削除せずに、「公開範囲」を変更することで対応が出来ます。

まずはPC版「Facebook」から「基本データを編集」を操作します。

【LINE】知らない間に友だちに追加されないように㊙技でセキュリティ対策をしよう!

「連絡先と基本データ」をタップすると個人情報が現れます。「携帯電話」番号が記載されていたら、その情報をタップし、「削除」します。

【LINE】知らない間に友だちに追加されないように㊙技でセキュリティ対策をしよう!

 

次は、

「あなたがFacebookに登録している携帯電話の番号が「一般公開〜友だち」になっていること」

をの問題を攻略していきましょう。

 

□設定2 Facebookの個人情報の公開範囲を変更する

iPhoneの「Facebook」アプリを開いて、「基本データを編集」をタップします。

【LINE】知らない間に友だちに追加されないように㊙技でセキュリティ対策をしよう!

「連絡先情報」の携帯電話が記載されていました。

iPhoneから「Facebook」にアクセスをする人は、これを削除せずに、次の方法を試してみて下さい。

「連絡先情報」の携帯電話情報をタップ→「認証済み携帯電話」の鍵マークをタップ→公開を「自分のみに設定。

【LINE】知らない間に友だちに追加されないように㊙技でセキュリティ対策をしよう! これで、「認証済み携帯電話」の情報を「自分のみ」に変更することが出来ます。

また、

iPhoneとFacebookの連絡先の連携を許可してしまっていること」

の問題については、以下で対応できます。

 

□設定3 Facebookの連絡先の連携を許可しない

iPhoneの「設定」→「Facebook」を開く→「連絡先」の許可をオフにする。

オンは緑色、オフは白の色でボタンが示されています。なので、オフにしたことを確認してください。

【LINE】知らない間に友だちに追加されないように㊙技でセキュリティ対策をしよう!

いかがでしたか?簡単に対策が出来るでしょう?

是非、LINEにあまり知らないFacebookの友だちが追加されてしまってお困りのときには、この対策をやって見てくださいね!

因に、LINEのアプリは以下からダウンロードが出来ます!

AppStore-Line ダウンロードはこちら

AppStore-Line ダウンロードはこちら

【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

セキュリティ強化を!と叫ばれている今こそ、このアプリを導入しましょう!

カンタンでしかもたくさんの個人情報を一括処理のスグレモノ

1Password

1Password

ニュースでもたびたび「個人情報を抜き取られた」とか「IDを乗っ取られた」とか「ハッカーに個人情報を」などという文字を目にすることと思います。

「私のセキュリティは大丈夫かな? :-?

「パスワードがたくさんあって覚えきれない! 8-O

そうお感じになることも多々あるかと思います。

個人で出来る「セキュリティ強化」については、まず第一に「パスワード」を安全なものにして、しっかりと保管するという方法が望ましいようですよ。

 

そんなときに、「パスワード」ひとつにしてもきちんと守ってくれるセキュリティアプリはないかしら?などと思ったら、是非この「1Password」をお使いくださいね!

とてもカンタンで、しかもたくさんのセキュリティ情報を一括で処理してくれるスグレモノアプリです。そして、その情報をiCloudやDropboxなどのネットストレージに保存することも出来、どこからでも自分はその情報にアクセスすることも出来るので安心です。

<使い方>

1.マスターパスワードは忘れずに

最初にすることは、「1Password」の「マスターパスワード」を作成することです。

忘れないようにするのにカンタンすぎるものや、パスワードの使い回しは極力避けましょう。どこから漏れるかわからないのです。

【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

 

2.「カテゴリー」を開く

「カテゴリー」を開くと、個人情報に関する様々な項目が並んでいるのが目に入ると思います。

「パスワード」や「ライセンス」「ログイン」情報や「運転免許」、そして「銀行口座」や「社会保険番号」、「クレジットカード情報」などの細かな個人情報まで一括で処理することが可能です。

まずは、ここはひとつ「ログイン」を選んで、様々な「ログイン」情報が必要なサイトへの「ログイン」を作成してみましょう。
【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

 

3.自動で適したパスワードを作成してくれる

例えばここでは「Amazon」のログイン情報を作ってみることにします。

「パスワード」には任意で作成することも勿論可能ですが、右端の鍵マークをタップすると、適したパスワードを自動で作成することも可能です。

セキュリティの観点から文字列の長さは長い方が良かったり、大文字と小文字、そして数字などを混ぜ合わせたパスワードが良いとされています。

「ウェブサイト」の欄には、手打ちかURLのコピーをペーストしたものを貼るのがいいですね。

【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

 

4.「1Password」のログインからURLに飛んでログインする

作成した「Amazon」のログイン情報をタップすると、先ほど入力した「ウェブサイト」のURLをタップすると、アプリ内で「Amazon」のページに飛ぶことが出来ます。

そこで、一番下のメニューの「鍵マーク(アイコン)」をタップすると、サインインすることが出来ます。

よくショッピングサイトなどで「ログイン情報を保存しますか?」などを聞かれることがありますね。

でもあれは、どこかでスマホを落としたときなどに、そのまま自動でログインが出来てしまうので、危険なんです。

なので、「ログイン情報」はブラウザに保存せずに、「1Password」からログイン&サインインするのがセキュリティ上望ましいんです!

【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

 

5.ネットストレージに保存して同期することが出来る

このセキュリティ情報も、数が増えてくると、なかなか覚えきれないもの。

そこで、いくつかの方法で情報を同期することが可能なので、やってみましょう。

「設定」→「同期」を開くと、「iCloudで同期」「Dropboxと同期」「Wi-FIを使って同期」と3種類の同期方法が用意されています。

ここでは例として「Dropboxと同期」を選んでみます。【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

 

6.パソコンからでもセキュリティが見られる

例えばここでは「Dropbox」に同期をしたので、パソコンで「Dropbox」のサイトに飛んでみましょう。

(あらかじめ、DropboxのIDは作成しておいて下さい。)

すると、Dropbox上にあるファイルが表示された中の「1Password」というフォルダをクリックして下さい。【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

すると、中に「1Password」に関するキーチェーンデータが入っています。

その中にある「1Password.html」という書類があるので、それをクリックします。

すると、「1Password」のログイン画面が表示されるので、「Dropbox」での「1Password」のパスワードを入力してログインします。

 

7.パソコンから「1Password」の情報にログインする【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

ログインすると、「1Password」で設定した「ログイン情報」などが表示されます。

他にも設定した個人情報などがあれば、それもこの画面で表示されます。

パスワードは黒丸で示されていますが、隣のボタンをクリックすると、通常通り閲覧することも可能です。

パスワードを確認したいときにこの画面で閲覧することも可能です。勿論、この画面に到達するまでには「Dropbox」のパスワードを入力しなければならないので、他人に覗き見することも容易でないので安心です。

 

【1Password】セキュリティの神アプリと称されるのには理由がある!(有料)

iCloudでのハッカー事件も世間を賑わせている昨今なので、今回は「Dropbox」での同期のやり方を例として行ってみました。

Appleのセキュリティ強化については万全にしてもらうことを期待して、まずはスマホなどのログイン情報などから、個人情報の強化をあなたも「1Password」で行ってみてはいかがですか?

使いやすいなぁ。使ってみたいなぁ。と思ったら、是非下のリンクからダウンロードしてみてくださいね!少しお高いですが、それだけの価値はあります!

AppStore-1Password ダウンロードはこちら

↑AppStore-1Password ダウンロードはこちら

アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

スマホでよく使うアプリでの「アカウント乗っ取り」が確認できる方法!

アカウント乗っ取りに”泣かない”よう、事前に確認しておこう!

iOS

世間では「アカウント乗っ取り」についてのニュースが取りざたされている「LINE」。でも、「アカウント乗っ取り」は「LINE」だけの危機だけではありません。

あなたが常に使っているスマホアプリでも、「乗っ取り」の可能性が無いわけではありません。

そんなときにどうするか。

日頃のセキュリティチェックを怠らず、「乗っ取り」が実行される前のセキュリティ強化に努めると共に、そうなったかどうかを自分で確認しておくということも重要な「セキュリティ強化」の重要なひとつとなります。

今回は「アカウント乗っ取り」に泣かないよう、事前に確認しておく方法をいくつかアプリごとに説明させてもらいますね!

1.Google

「Google」は検索だけではありません。

「Gmai」や「Googleドライブ」、「YouTube」、「Googleマップ」「Chrome」「Google Earth」「Google翻訳」その他多くのアプリを一括して「Google」のグループすべてにおいて、アカウントの管理が出来ます。

「こんな動画を閲覧した覚えがないのに。。。」 :-?

「Gmailで送信した覚えがないメールがあった。。」 :cry:

などの「泣き」を見ないよう、日頃のチェックが必要とされますね!

まずは、SafariなどのブラウザでGoogleにアクセス。
リンク→https://www.google.com/

アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

ログインをした後、「最近のアクティビティ」にアクセスする。

すると、最近の中にアクセスした履歴が一覧表示されます。

明らかに見覚えのない場所やよもやの外国からのアクセスなどを見つけた場合は、パスワードの変更、心配な場合はアクセスごと削除することも一考かもしれません。

 

2.Facebook

SMSの代表格のひとつ、「Facebook」のアクセス履歴も見てみましょう。

ログインした後に、「設定」→「セキュリティ」を選択します。
アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

「進行中のセッション」をタップする。

すると、進行中のセッションが表示されるので、「場所」や「機器の種類」などの確認をしよう。

アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

もし「場所」や「機器の種類」に覚えがない場合は、削除してセッションを終了したあと、パスワードや必要ならばアカウントを変更してみよう。

また、「SMSによるログイン通知」「メールによるログイン通知」「ログイン承認オン」にチェックを入れると、より強固なセキュリティを得られます。

ただ、多少ログインや他の機器でのアクセス時にパスワードを入れるなどの作業が必要となりますので、使いやすい方法を選んでください。

アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

指定メールアドレスに、Facebookに関するセキュリティ関係のメールが届きます。「セキュリティコード」や「パスワード」の記載もあります。この後の指定機器でのログインに必要とされます。

また、ログイン時にメールでお知らせもあります。

3.evernote

インターネットにて同期されるメモやテキストなどの利用で便利な「evernote」でのセキュリティ強化法です。

Safariなどのブラウザで「アクセス履歴」にログインします。
リンク→http://goo.gl/V38w9N

アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

すると、最近の中にアクセスした場所やデバイスの情報が表示されるので、明らかに覚えの無い場所や機器などの情報があったら、パスワードを変更したり最悪アカウントを変更してみましょう。

4.dropbox

インターネット上でファイルのやり取りやデータの保管が出来る「dropbox」。

これも、不正なアクセスがあったらとても大変なことが想像されます。なので、これもセキュリティ強化をしちゃいましょう!

まずは、Safariなどのブラウザでログインします。
リンク→http://goo.gl/nGQp7Z

アカウントが乗っ取られているかどうかを調べる各種アプリ確認法

「セキュリティ」をタップすると、最近のアクセス履歴が表示されます。なので、これも同様に、明らかに覚えの無い場所や機器などの情報があったら、パスワードを変更したり最悪アカウントを変更してみましょう。

このように、日々の自分の確認でもアプリのセキュリティは強化することが可能です。

是非、是非、あとで困らないように準備しておくことが大切ですネ!

【mCouple】束縛アプリ?パートナーやお子さんのスマホの通話履歴や位置情報をリアルタイムに監視!

スマホの監視アプリもついいにここまで来た!

カップルだけでなく子供の携帯の監視アプリとしても有用?新しい監視アプリ

mCouple

mCouple

ついに、パートナーのスマホの通話履歴連絡先Facebookチャットのやりとり、位置情報などをリアルタイムで追跡し監視が出来るアプリが登場しました!

これを「究極の束縛」と捉えるか、パートナーへの信頼・安心と捉えるか、それぞれの考え方に寄りますね。

ものは考えようで、これ 「恋人」や「結婚相手」をパートナーと考えるからネガティブな考えに囚われがちですが、もしこれを「子供」のスマホに導入したら、かなり使う意味も違うものになるのではないでしょうか。

子供がどこにいるのか、どんな人と通話しているのか、などなど、知りたいことは親ならばたくさんありますよね。

ということで、異論はいろいろおありになるかと思いますが、そこはサラッとスルーして説明に移りたいと思います。

【mCouple】束縛アプリ?パートナーやお子さんのスマホの通話履歴や位置情報をリアルタイムに監視!

「位置情報」「住所録」「SMSメール」「通話履歴」「Facebookチャット」「プロフィール」などを相手と共有することが出来ます。

お互いにアプリをダウンロードし、パートナーとしての認証をクリアしないと使えないということから、合意があっての使用が前提となります。

 

日本向けにはLINEのトーク履歴なども見られるようになると完全になるかなぁ、、などと個人的には思ったりします。後々、自分の指定したアプリでの「履歴」や「共有」が選択出来るようになるといいですね〜。アップデート期待します!

 

Phoneでは確認できていませんが、「ステルスモード」といって、アプリの一覧に表示されないようにも出来るそうなので、そうなると、やはり「恋人」「結婚相手」への使用が前提に作られているという気もしないではないですが(^^;、いずれにしても今までよりも「監視」アプリは一歩更に進んだようです。

 

1.自分のプロフィールを完成させる
【mCouple】束縛アプリ?パートナーやお子さんのスマホの通話履歴や位置情報をリアルタイムに監視!

まずは、自分のプロフィールを完成させましょう。

「名前」を登録し「メールアドレス」を登録すると、自動でIDナンバーが割り当てられます。

「Connect with your partner」ボタンをタップすると、パートナーの登録が出来ます。相手には事前に「mCouple」をダウンロードしてもらうことが大前提です。

 

2.相手にこちらのIDを承認してもらう
【mCouple】束縛アプリ?パートナーやお子さんのスマホの通話履歴や位置情報をリアルタイムに監視!

相手のIDを入力し、「Send Request」をタップし、「Refresh」もタップ。

 

3.相手のスマホではこうする

【mCouple】束縛アプリ?パートナーやお子さんのスマホの通話履歴や位置情報をリアルタイムに監視!

「Send Request」を送ると、相手側には「Accept」するかどうかの画面が表示されます。なので、承認するには「Accept」をタップ。

「Accept」した後で承認を解除したいときには、「Unlink」をタップすると承認が解除されます。

 

4.どんな共有画面になるのか
【mCouple】束縛アプリ?パートナーやお子さんのスマホの通話履歴や位置情報をリアルタイムに監視!

承認した後は、例えば「位置情報」の共有などは上記のような画面になります。「ME」をタップすると自分の情報が、「パートナーアイコン」をタップするとパートナーの情報が表示されます。

どこにいるとか、誰とチャットしたとか、誰とメールをしたとか、そういう情報がリアルタイムで表示されますので、恐いっちゃ恐いかもしれませんが、トラブルがないよう慎重〜にお使いくださいネ。

トラブルになっても、こちらでは責任を持てませんので、悪しからず。(^^;


ご紹介したアプリのダウンロード先はこちらです。

mCouple

ご紹介したiOS版アプリのダウンロード先はこちらです。

-iPhone版 mCouple

ご紹介したAndroid版アプリのダウンロード先はこちらです。

-Android版 mCouple

【iOS7】AppleIDを乗っ取られないように定期的にパスワードを変更をしよう

定期的にパスワード変更をしてセキュリティーを高めよう

最近富みにLINEアカウントの乗っ取りだの、Twitterアカウントの乗っ取りだののニュースが流れてきますが、あなたのIDは大丈夫ですか?

ここでは「Apple ID」のセキュリティー強化についてのご指南をさせて戴こうと思っています。

Apple IDを乗っ取られると、音楽を勝手にダウンロードされたり、アプリを知らぬ間にたくさん買われたり、結果大変な高額請求になってしまうこともあります。

特に、クレジットカードで支払いをしていると、そのまま知らぬ間に「誰かにお財布」と化してしまう危険もあります。

セキュリティー強化を、是非して下さいね!

【iOS7】AppleIDを乗っ取られないように定期的にパスワードを変更をしよう

まず、「Apple Store」の「おすすめ」ページを表示させます。

下部にあなたのApple IDが表示されるので、それをタップします。

 

【iOS7】AppleIDを乗っ取られないように定期的にパスワードを変更をしよう

すると、該当のApple IDの支払い情報などのページが現れるので、「Apple ID」をタップ。

すると、次のページで「セキュリティ情報」の欄があるので、その「appleid.apple.com」という表示をタップします。

 

【iOS7】AppleIDを乗っ取られないように定期的にパスワードを変更をしよう

ここからWebページに移動する場合もありますが、続けます。

「My Apple ID」の管理ページが開きますので、「パスワードとセキュリティ」をクリックします。

 

【iOS7】AppleIDを乗っ取られないように定期的にパスワードを変更をしよう

「新しいパスワードを作成する」のページでは、「新しいパスワード」と今入力したパスワードと同じものを再度「パスワードの確認」に入力して、「パスワードをリセット」ボタンを押します。

 

Apple IDのパスワードの条件は結構厳しく、おのずとセキュリティ強化が計られますので、必要条件をよく読んで、セキュリティの強化を図ってくださいね。

  1. 英文字が1文字以上必要です。
  2. 英大文字が1文字以上必要です。
  3. 最低1文字の数字が必要です。
  4. アカウント名と同じものは使用できません。
  5. パスワードは8文字以上にする必要があります。
  6. よく知られたフレーズをパスワードに使用することはできません。
  7. 一年以内に使用されていない。

などの条件をクリアしたものを新しいパスワードにしてくださいね。

定期的にこの方法でパスワードを変更した方がいいと思います。

【Safari】履歴が残らないようにインターネットを閲覧する方法 / iOS7

Safari
iPhoneではwebサイトを見るのに使うのはアプリを入れていなければ通常は【Safari】を使います。
しかし、通常通り使っていると履歴が残ってしまいます。

携帯電話というのは個人の所有物ですのであまり人に渡すことはないと思いますが、誰かに貸した時に履歴を見られたくないなという時に便利な方法を紹介致します。

初期設定のSafariはどんな仕様?

Safariの初期設定では、この様にどんなサイトを閲覧したか全て履歴が残ります。
647

また、ページを表示した時の上下のバーは【ホワイト】で統一されています。
648

履歴が残らないプライベートモードでwebサイトを閲覧出来る方法

プライベートモードにするには、【新規ページを開くボタン】をタップします。
650

新規ページ開く前に左下の【プライベート】ボタンをタップします。
649

プライベートモードで開くと、上下が【ブラック】になります。
このモードで開いたページは履歴には残りません。
651

【バグ】iPhone5のパスコードが勝手に解除されてしまうとき

パスコードを設定していても油断は禁物

音声ダイヤルを悪用した脆弱性も発覚!

iOS6には、第三者にパスコードを回避されてしまうバグがありました。iOS6.1.3でエラーが回避された筈でしたが、今度iOS7でも別の不具合が発見されました。

SIMカードの抜き差しや音声ダイヤルの悪用により、電話アプリやカメラロールを勝手に利用されえてしまう可能性もあり、とても怖いですね。これを防ぐための設定があるので、是非覚えてやってみましょう!

1.Siriの設定をオンにする

「設定」→「一般」→「Siri」で設定を確認する。

オンになっていれば、音声ダイヤルは自動でオフになるので問題はない。

Siriの設定をオンに

2.音声ダイヤルをオフにする

Siriを使いたくない場合は、「設定」→「一般」→「パスコード」で「音声ダイヤル」をオフにする。

音声ダイヤルをオフに

■最新版のiOSにいますぐアップデートを不具合が発見されると、すぐに開発元はソフトの開発を急ぐので、iPhoneもなるべく最新のiOSにアップデートすることが望まれる。現時点ではリリーススケジュールは判明していないが、アップデート通知が出たら、すぐにアップデートしたい。

【iAd】iPhone5での位置情報を広告に利用されたくない!

勝手に現在地近くの広告が自動で配信されることも…..

プライバシー設定でオフにできます!

アップルが運営するアプリ広告サービス「iAd」には、ユーザーの現在地の情報に基づいた広告を配信するシステムが構築されているのをご存知でした?アップルも商売なのでそれは仕方がないとしても(笑)、ユーザーのこちら側でそれに『NO』と言える仕組みがあれば、問題はない筈。

プライバシーの漏洩が気になるということであれば、オフにしておきましょう。

1.システムサービスを開く

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「システムサービス」の順番にタップを。

位置情報に基づくiAdをオフにする方法-1

2.位置情報に基づくiAdをオフにしよう

表示される画面で「位置情報に基づくiAd」をオフにする。

位置情報に基づくiAdをオフにする方法-2

カテゴリー: iOS7, iPhone-上級者向け, iPhone-中級者向け, iPhone-便利な機能, iPhone-初心者向け, iPhone5, iPhoneのちょっとした小技, iPhoneのカスタマイズ, iPhoneの基本, セキュリティ, 女性向けiPhoneの使い方, 自分好みのiPhoneへ タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.