Archive for the ‘科学動画・画像’ Category

自然の物とは思えない透明感をもつ花

サンカヨウという名前のお花をご存じでしょうか?
真っ白のお花で、メギ科サンカヨウ属の多年草の一種です。

日本でも、本州中部以北から北海道、大山などの湿った場所に生えているこのお花は普段は真っ白なのですが水にぬれるとなんともいえない美しさを持ちます。

 

 

 

水にぬれたサンカヨウ
1

 

 

普段の濡れていないサンカヨウ
真っ白のお花
2

 

 

水に濡れると少しずつ色が透明に・・・
3

 

 

群生するサンカヨウ
4

 

 

綺麗なガラスのような姿
5

 

 

サンカヨウ(Wikiより参照)
高さは30~70cm。
花期は5~7月。
茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個つける。
大小2枚つく葉はフキのような形をしており、花は小さい葉につき、葉の上に乗っているように見える。
濃い青紫色で白い粉を帯びた実をつける。実は食用になり甘い。

どうしてこのように透明になるのでしょうか・・・
自然とは不思議なものです。

引用:This flower turns amazingly transparent when touched by raindrops
http://www.lostateminor.com/2014/11/18/flower-turns-amazingly-transparent-touched-raindrops/

図解じゃわからないなら動画を見ればいい!

色々と人から説明を聞いていてもいまいち頭に入ってこない・・・
一体どういうこと??

そんな時には画像を見るとわかったりしません?

でも画像でもわからない!

そうだ、それならば動画だ!!!

様々な物事の仕組みをGIFで紹介している面白い海外記事を見つけました。

 

1.ジッパーの仕組み
1

 

 

2.πはどういうことか、3.14とは・・・
2

 

 

3.薬を一定の大きさにするための機械の仕組み
3

 

 

4.四次元立方体とは
4

 

 

5.ゲームで使える、相手からの攻撃を受けない様にこちらの攻撃を当てる方法
5

 

 

6.以前航空機で使われていた星形エンジンの仕組み
6

 

 

7.目の錯覚を利用した、右回り左回りどちらにも回る女性
7

 

 

まさに、百聞は一見にしかず。
見てみるとそういうことか!!とわかることもありますよね。

え、わからない?
そうなるともう実物を見た方がよいですね(笑)

引用:20 Animated Gifs that Explain How Things Work
http://twistedsifter.com/2012/11/animated-gifs-that-explain-how-things-work/

いつも食べているアレを拡大すると・・・・

人間が生きる為には、朝食を食べ、昼食を食べ、そして夕食を食べますよね。
もちろんたまに抜いちゃったり、お菓子タイムもあったりすることはあるとおもいますが、必要不可欠な食事の時間。

野菜や果物、飲み物も様々あります。
日本人はベジタリアンの方も少ない方ですし、幸せなことに日本だけではなく海外の食べ物もたくさんあります。

そんな食べ物の世界を顕微鏡でのぞいた写真がとにかくすごい!!

一体なんの写真かわかりますか??
正解は後程・・・

 

 

1
1

 

 

2
2

 
3
3

 
4
4

 
5
5

 
6
6

 
7
7

 

 

 

 

 

 

わかりましたでしょうか?

正解は
1:イチゴ
2:ブロッコリー
3:インスタントコーヒー
4:お塩
5:トマト
6:カリフラワー
7:ブルーベリー

ブロッコリーとかお花に見えません?
まぁ実際つぼみなのですが・・・

身近にある物も、見方を変えると全然違う発見が出来ておもしろいですよね。

引用:Amazing shots: breakfast under the microscope
http://www.newsinpic.com/blog/2013/02/amazing-shots-breakfast-under-the-microscope/

『動画』ふよふよと浮かぶ美しい癒しのクラゲ

毎日毎日学業に仕事に趣味に・・・
忙しい毎日を送るみなさま、お疲れではありませんか?

そんなストレスをとっぱらってくれるのはなんでしょう。

美味しいものを食べたり、旅行に行ったりもいいでしょう。
ペットに癒されるのもいいですよね?

ペットで飼うのはちょっと難しいけれども、水族館に行けば会える『クラゲ』はどうでしょう??

ふよふよと漂うクラゲの姿を見ていると、時間を忘れてしまうそうじゃないですか?

この青いクラゲの名前は『ギンカクラゲ』と言います。
中心部分の円盤状の気泡体が銀貨の様な色と形をしていることから名付けられたそうです。
1

 

 

中心部分は4センチほどとあまり大きなクラゲではないようです。
2

 

 

円盤の周りには感触体と呼ばれる青いヒラヒラ
3

 

 

閉じたり開いたりして動いています
4

 

 

感触体との間にある多数の小栄養体
5

 

 

中心の裏側は青ではなくピンク色
6

 

 

暖かい海で見られるこの種は日本でも見ることが出来ます
7

 

 

海水浴で刺されたことがあることはお分かりになると思いますが、クラゲの毒はかゆくなったり痛くなったり・・・
このギンカクラゲも例外ではありません。
微量の毒をもっていて、刺されるとやはり・・・。

浜辺に多く打ち上げられることもあるそうですが、見つけて遠巻きに見るくらいで触らないようにしましょう。

でも・・・
実際こんなに美しいクラゲを見たらついつい触りたくなっちゃうかもしれないですね。

引用:ギンカクラゲ – Blue Button Jelly
https://www.youtube.com/watch?v=w84qXILbxVU

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

20世紀中には絶対不可能だと言われていた開発で世界は変わった!誇り高きイノベーションは日本発!

これは正に『エジソン「電球」からのエネルギー革命』。LEDで世界が変わった!

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

このほど、スェーデン王立科学アカデミーは2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)開発をした赤崎勇・名城大学終身教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の3氏に授与すると発表しました。

今ではあらゆる場所に普通に存在する「LED」ライト。しかし、その開発は並々ならぬ努力と根気のいるもので、多くの化学者の間でも「20世紀中には不可能だ」と言われるようなものでした。

それを成し遂げたのが同じ日本人だということは、大変に誇らしいことですね!

これで、日本のノーベル賞は2012年の山中伸弥氏(医学・生理学賞)に続く受賞で、アメリカ国籍の南部陽一郎氏を含め、合計22人となりました。これは、1位のアメリカに次ぐ、堂々の世界第2位の快挙です!

このLED、超難関の青色発光ダイオード開発が成功したことで、光りの三原色である「赤」「緑」「青」がすべて揃うことになり、どんな色も作ることが出来るようになり、「ライト」としては重要な「白色」を作ることが出来るようになったことで、製品化も非常に成功しました。

考えてみれば、白熱電灯に比較しても、飛躍的に低エネルギーで発光するLEDは、被災地としての日本だけでなく、例えばアフリカやその他の発展途上国のエネルギー施設を確保しにくい国や場所にとっても、非常に有益な開発なんです!

おまけに、開発は非常に難しかったものの構造は非常に簡単なために、大量生産がしやすいというのも魅力のひとつ。だからこそ、開発成功から短期間の間に全世界的に普及していったのですね!世界のイノベーション革命と言われる所以がわかります。すごいことですね!

 

町の至るところにある、LEDライト。現代生活を営む上で、既に恩恵に我々は大いに受けています。
【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

液晶ビジョンも、携帯スマホの画面も、テレビも、信号も、あらゆる光源を介する表示物に、青色発光ダイオードは使用されています。

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

光りの3原色。青色が加わることで、中心部の「白色」が生成されることに。

また、「青色発光ダイオード」を使用した光源は、白熱灯や蛍光灯などの他の多くの光源と比較すると、紫外線や赤外線を含まない光を簡単に得ることが出来るので、紫外線や熱照射を嫌う文化財・芸術品の展示をする照明に非常に適しているんです!

コレ、豆知識です♪

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

さて、この方が今回ノーベル賞を受賞することになった『赤崎勇・名城大学終身教授』のお姿です。柔和なご尊顔でございます。

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

赤崎勇先生のお若い頃。

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

彼は、昭和24年の京都大学在学中の時に、「日本人初のノーベル賞受賞者」となった湯川秀樹先生の存在に感化されたそうです。

昭和24年と言えば、終戦後たった4年しか経っておらず、勿論赤崎教授以外にも湯川秀樹先生の「ノーベル賞受賞」によって「明るい気持ち」や「明るい未来」を感じられたというのもわかりますね。

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!
そして、こちらが今回同じく「ノーベル賞」を受賞することになった『天野浩・名古屋大学教授』です。前出の「赤崎終身教授」のチームで開発をしてきた方です。

他のインタビューでの天野教授のお姿は既にご存知の方も多いと思いますが、非常に検挙で非常に物静かな穏やかな方で、魅力的な先生です。

【祝ノーベル賞受賞!】ヤッタゾ日本人!青色発光ダイオードで日本人3人が一気に受賞!

この動画では、中心として赤崎教授と天野教授のお二人の研究を中心にして紹介頂いています。同時に受賞された『中村修二教授』を中心とした<英訳>の動画もあることだと思いますし、偉大な開発についてのは世界中も注目していると思われますので、今後続々と作成されることでしょう。『中村教授』については、他の動画を改めてご覧戴けると有り難いです♪

動画では、他に詳しくその「青色発光ダイオード」の構造についてなど、英語で解説しています。

英語の勉強がてら、是非動画をご覧になって、この開発の研究の詳細を勉強してみるのも楽しいと思います。

その動画は、こちら。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=LgjRUE_l0gk#t=426

【びっくり動画】このイケメン男性に隠された秘密が!オドロキの結末は?

ここまできたか!オドロキの結末にびっくり!技術と実態の狭間に驚愕!

この男性の動画が、今世界で話題になっています。

瞳の美しい、凛とした表情のイケメン白人男性の表情。少し憂いを含んだ表情と、加齢も加わった人間らしい表情ですね。

【びっくり動画】このイケメン男性に隠された秘密が!オドロキの結末は?

ズームアウトしてくると、イケメン男性の顔の全体像が映し出されます。

「男性は人生が顔に刻まれる」とはよく言う言葉言葉ですね。この男性はどんな人生を歩んできたのでしょう。ちょっと知りたくなりますね。

【びっくり動画】このイケメン男性に隠された秘密が!オドロキの結末は?

あれ??なんかおかしなことになってませんか?

【びっくり動画】このイケメン男性に隠された秘密が!オドロキの結末は?

実はこの男性、オール3DCGで”作られた”創作物だったんです!

“男性自身”も、自分の身体の異変に気がつき、ビックリした表情もやけにリアルですね!!

`。*:`( ゚д゚*)ガハッ!!

瞳の造形も、ホラこの通り!

17-6

なんとも緻密な造形の過程が荒されてきます。。。。

17-7

ある時代までよく見たコンピューターグラフィクスが見えてきました。

【びっくり動画】このイケメン男性に隠された秘密が!オドロキの結末は?

これはすごい!としか言いようがありません。

「実体」と「造形物」の境界が判別しにくくなってきた現代のコンピューター技術。

このまま、こんな『人間そっくり」のロボットなども直に開発されていくのでしょうか!

17-8

これはすごい動画ですね!ビックリしましたか?

一度、自分そっくりの3DCGを作ってもらって動かしてもらって見てみたい!という気になりますよね?

ぜひ、本編の動画をご覧戴いて、2度3度ビックリしてみてください♪

因に、これはクリス・ジョーンズさんというクリエイターが、3DCG作成の老舗ソフトウェアのLightwave、彫刻3DソフトウェアのSculptris、総合ペイントソフトのKrita、カラーコレクションソフトのDavinci Resolve Liteで作成されたということです。

いやぁ、驚きました!これからも驚くべき作品を作ってもらいたいですね!

http://www.chrisj.com.au

引用:https://www.youtube.com/watch?v=K3g2840zXKY

【閲覧注意】いやあああああぁぁぁぁ!触ったらダメだって!

6秒動画でお馴染みの【vine】ですが、みなさん使っていますか?

色々なおもしろい動画がUPされていますが、その中で最近人気(?)の動画を紹介致します。
ただの黒いもじゃもじゃをつんつんする動画。
ただそれだけ?と思うかもしれません。

しかしこの動画・・・注目を浴びています。

これは・・・
【閲覧注意動画】です!

脅しではなく、本当に!ぞわぞわする動画なので、それでも大丈夫!という方だけお進みください。

 

 

ここまで進んだ方、
ご用意はよろしいですか?

本当にいいのですね?

それではご覧ください。

 

 

こちらの黒い物体。
1

 

 

いやああああ、崩れてきました!
2

 

 

どんどん崩れます。
3

 

 

離れてもどんどん追いかけて・・・
4

 

 

小さくなっても気持ち悪い!!
5

 

 

この虫、【ザトウムシ】というそうです。
6

 

 

ザトウムシは漢字で書くと【座頭虫】
節足動物門鋏角亜門クモ綱ザトウムシ目に属する生物とのこと。
ザトウムシ目・・・有名なのかしら?

長い足で前を探りながら歩く様子から、座頭虫の名がついたそうです。

歴史はながく、見つかっている最古の化石はなんと4億1千万年前のものもあるとか。

アメリカでは『あしながおじさん』の愛称があるそうですけれども、そんな素敵な生き物には見えません(笑)
ちなみに、日本にもいるそうですよ。

引用:Súper pelo público Viviente de valle de bravo
https://vine.co/v/h9PBY0Z2DIz

『かわいい写真』え、なにこのお花!シュレック?!

科学の世界の神秘はまだまだ解明されていないことばかりです。

綺麗な色をしている花が実は猛毒だったり、異臭を放つ花が虫にとっては大好物の臭いだったり・・・。

今回紹介するのは、海外サイトで紹介されていた『チョッキを着ているシュレックにそっくりな蘭の花』を紹介致します。

シュレック・・・?あの緑の怪物?と思う方も多いでしょう。
少しかわいくはなっていますが、確かにシュレックに似ている・・・(笑)

 

手を広げているシュレック・・・いや、蘭の花です
1

 

引いてみた、花の全体像
2

 

こちらがシュレック
Orchid Looks Like Shrek

 

服の色からするとこの白い花のが似ていますね
Ophrys apifera

 

まさかの2人のシュレックが!!
5

 

この蘭の花は、Ophrys Apiferaといって非常に珍しい花だそうです。

かわいらしいシュレック似の写真は、イギリスの写真家デビッド·チャップマンによってスペインで発見されました。

本物のシュレックよりはかなりかわいらしくデフォルメ(元々の形なのでデフォルメとは違いますが・・・)されていますが、こんなかわいい形の花を見つけたら誰だって写真を撮りたくなりますよね。

『シュレック』(Shrek)は、2001年に公開されたアメリカの映画です。ファンタジーであり、アドベンチャー要素もある。フルCGのコメディアニメーション映画として大人気。
1990年にウィリアム・スタイグによって書かれた絵本『みにくいシュレック』が原作です。
アカデミー長編アニメ賞が最初の受賞作品となった作品です。

引用:The Shrek orchid: Rare flower looks exactly like green-skinned ogre (and it’s even ‘wearing’ the same waistcoat!)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2597390/The-Shrek-orchid-Rare-flower-looks-exactly-like-green-skinned-ogre-wearing-waistcoat.html

カテゴリー: かわいい動画・画像, 写真, 神パフォーマンス, 科学動画・画像 タグ: , , , , ,

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.