Archive for the ‘音楽・ミュージック’ Category

【Tweet NowPlaying】今聞いている音楽をみんなにシェアしよう

Tweet NowPlaying

 

みなさん、Twitterでこんなタグみたことありませんか?
1

 

これらは、今聞いている曲をみんなにシェアすることが出来るアプリを使ってツイートしています。
オススメしたい曲があるときにとっても便利ですよね。

iPhoneに入っているミュージックからは残念ながら現時点では未搭載の機能なので、無料アプリを使ってシェアしてみましょう。

 

使い方

ミュージック上でジャケットの取り込みが出来ているものに関してはジャケットも一緒にツイートすることが出来ます。
2

 

 

【Edit】をタップしてこちらから設定しましょう。
3

 

 

【Share】ボタンをタップして、Twitterに投稿しましょう。
4

 

 

ただシェアするだけではなく、ツイート内容を加えることも可能です。
5

 

 

【Tweet NowPlaying】 / 無料(2015/1/14現在)
Tweet NowPlaying

【サウンドボックス】全曲無料で更に映像も見れちゃう!

無料で全曲コンプ!サウンドボックス

 

iPhoneを持ったならば、音楽も楽しみたいですよね!
そして、せっかくの綺麗な液晶ですから、映像も楽しんじゃいましょう。

無料で曲を聞いたり、映像を楽しんだり出来るすごいアプリについて紹介致します。

 

使い方

アーティストを選んでから上下にスクロールしてみましょう。
たくさんの曲が表示されます。
1

 

 

曲をタップすると、その曲を再生するかボックスに追加するか選べます。
再生をタップするとすぐに曲が映像と共に始まります。
2

 

 

曲を保存するには右上の【+】マークをタップしましょう。
3

 

 

保存できる曲数を無制限にしたり、サウンドボックスの数を無制限にしたいならばレビューを書いたりシェアしたりして友だちに広めましょう!
4

 

 

【無料で全曲コンプ!サウンドボックス】 / 無料(2014/12/10現在)
無料で全曲コンプ!サウンドボックス

【GYAO!】とってもお得な無料動画アプリ

GYAO!

 

家に帰ったら何をしますか?

ごはんを食べて、お風呂に入って・・・
他にするとしたら?
そう、テレビ番組を見ますよね。

しかし、外出していたり、見逃してしまったり。
そんな悔しい思いをした方は是非このアプリを使ってみてください!

 

使い方

まずはアプリを開いたら、どんな映像があるのかスクロールして確認してみましょう。
1

 

 

左上の【三】ボタンをタップすることでメニューが開かれます。
2

 

 

映画なのか、ドラマなのか。はたまたアニメなのかを選択し、その中でも細かいカテゴリーから選んだり、右上の【虫眼鏡マーク】から作品名を検索したりしましょう。
3

 

 

気を付けなくてはいけないのが、各動画には視聴期限というものが設けられています。
見たい番組はなるべく早くチェックしておきましょう。
4

 

※動画はかなり大きい通信負荷がかかります。出来るだけWi-Fiを使いましょう。

 

 

【GYAO!】 / 無料(2014/11/4現在)
GYAO!1

【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料)

世界初の呼び声高い、楽譜を撮影して演奏させる画期的国産名アプリ

ついに出た!音符が苦手でもこれがあればメロディーがすぐにわかる!

楽譜カメラ

楽譜カメラ

ついに出ました!こんなアプリがあったらいいなと、きっとみなさん思っていたことでしょう。

少し前の「軽音ブーム」から一気に音楽をやる学生が増え、はたまた「軽音」とは全く関係のないところでも、例えばシニアの方も再び音楽をやり始める方が増えてきたようにおもいます。

『音』を『楽しむ』。まさに生活の中で「音楽」を楽しいことのひとつとして触れ合うことは、とってもいいことだと思いませんか?

けれど、「楽器をやり始めたはいいけれど、楽譜が読めないんだわ」という人も中にはいるのでは? 楽譜を読むということは、読めない人にとってはかなりの高いハードル。それを乗り越えられずに結局「音楽」をやめてしまうというのもモッタイナイですよね?

そこで、このアプリ。スマホのカメラで楽譜を撮影したら、その場で即、音を確認できちゃうスグレモノ。いつか誰かが開発すると思っていたら、有名楽器メーカーのKAWAIIさんが作ってくれました!

まずは、簡単なので使い方を説明します

1.スマホのカメラを「楽譜カメラ」で使えるようにする

まず、スタート時に以下のような画面が現れたら、「楽譜カメラ」アプリで「カメラ」を使うようには設定されていないということなので、「OK」をタップして、「カメラ」と「楽譜カメラ」が連携できるようにします。【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料) 2.楽譜を撮影する

次は、いよいよ楽譜の撮影になります。

楽譜はあまり広い範囲だと撮影ができにくいので、1小節か2小節と細かく区切って撮影したほうがうまくいきます。

画面中央の青いラインに、撮影したい音符がすべて収まるように工夫します。

青いライン内に音符がすべて入ったら、それぞれの音符が黄色くマーキングされます。マーキングが確認できたら、「カメラ」アイコンをタップして撮影しましょう。
【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料) 3.画面をなぞって音を出す・「TAP」で音を出す

撮影が済んだら、黒く反転した部分あたりを指でずい〜っとなぞってみます。すると、指の動きに合わせて、演奏されます。早くなぞれば早い演奏に、遅くなぞれば遅い演奏になります。【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料) 4.誤差があった場合は単音単位で修正

そうは言っても、誤差も時折あります。

誤差があった音符をその都度修正することができるので、ご安心を。

修正したい目当ての音符を指先でポンっとタップすると、虫眼鏡のように拡大画面が開きます。

修正しやすいよう下部に「移動」ボタンがさまさまに現れます。上下左右の各ボタンをタップして、修正したい音の位置にしてみましょう。

【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料)

また、全体を「変調」したいときにも、簡単な操作で可能です。

「変調」ボタンは丈夫にある「Transpose」というボタンをタップして変更します。

「+1」や「+2」「+3」、また「−1」「−2」「−3」などの数字を真ん中に回転させます。

【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料) 5.演奏する音のイメージを変更する

演奏する音のイメージもいくつかあります。

音のイメージを図形で表現しているので、お好きなイメージを選択してください。
【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料) 6.演奏の設定画面

基準ピッチや音量も変更できます。この画面でサポートにもアクセスでき、使い方も教えてもらえます。わからなくなったら、「使い方」を見てみるのもいいかも。【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料)
6.撮影した楽譜ファイルはライブラリ化する

撮影した楽譜は、こうしてライブラリ化することができ、後日でも簡単にアクセスすることが可能です。【楽譜カメラ】世界初!楽譜を撮影→瞬時に演奏アプリ(有料)

さて、いかがでしたか?

多少の誤差が気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが、実に画期的なアプリであることは間違いがありません。

ぜひ、気に入った方、使いたいと思った方は下のリンク先からアプリをダウンロードして下さいね!

ちなみに、現在有料で300円です。

↑AppStore- 楽譜カメラダウンロードはこちら

↑AppStore- 楽譜カメラ ダウンロードはこちら

カテゴリー: iOS7, iPhone-上級者向け, iPhone5, iPhoneの便利なアプリ, アプリ, カメラ, 女性向けiPhoneの使い方, 有料アプリ, 着信音, 音楽・ミュージック タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.