Archive for the ‘Facebook—写真関連’ Category

【iテキスト】豊富なレイアウトが選べてそのまま長文執筆も可能な文書作成アプリ

同時にいくつものテキストを開いて編集・閲覧が可能な便利文章アプリ

長文執筆時にもストレスを感じない便利アプリ

iテキスト

iテキスト

文書作成アプリ数あれど、この「iテキスト」は、いくつもの文章を同時に閲覧出来るスグレモノアプリです。

レイアウトも豊富、しかも文書の保存に「Dropbox」のネットストレージが選べるなど、無料アプリとは思えない魅力が売りなんです♪

①画面の操作の仕方

メニューの「情報」をタップすると、「文字数カウント」「環境設定」「レイアウト選択」などのメニューが表れる。

長文執筆時に便利な「文字数カウント」などは、あるとウレシイ機能ですね!
27-【iテキスト】豊富なレイアウトが選べてそのまま長文執筆も可能な文書作成アプリ

 

②レイアウトなど

「標準」「メモ」「ノート」「読書」「原稿用紙」「カラーノート」など、様々なバリエーションの養子レイアウトほか、好みのレイアウトも作成出来ます。

【iテキスト】豊富なレイアウトが選べてそのまま長文執筆も可能な文書作成アプリ

 

③ネットストレージとの連携

標準には近代文学史の夏目漱石などの名作のテキストが用意されています。

他に、自分で作成した文書の保存には、便利なネットストレージとの連携が可能です。

ネットストレージには「Dropbox」が用意されています。連携を「許可」すると、ネットストレージに保存されたファイルを閲覧・編集することも、ネットストレージに保存することも出来るようになります。

27-【iテキスト】豊富なレイアウトが選べてそのまま長文執筆も可能な文書作成アプリ

 

④いくつものファイルを同時に開ける&長文執筆や閲覧に便利

「iテキスト」の最大の特長のうちのひとつが、「いくつものファイルを同時に開いておけるです。開いておけるし編集も可能。

画面上部にランチャーのように表示されたファイルの名前をクリック。瞬時にファイルからファイルに移動出来ます。

また、小説のような長文を作成したり閲覧したりも得意の「iテキスト」。

文章が長いと、文章の前半から後半まで移動するのが困難だと、閲覧するのも執筆するのもちと苦労。

でも「iテキスト」なら、スワイプひとつでスムーズに移動が出来ます。

【iテキスト】豊富なレイアウトが選べてそのまま長文執筆も可能な文書作成アプリ

どうですか?

使ってみたくなりませんか?無料アプリなので、どしどしダウンロードして使ってみてくださいね!

27-【iテキスト】豊富なレイアウトが選べてそのまま長文執筆も可能な文書作成アプリ

↑AppStore-iテキスト ダウンロードはこちら

 

何で描かれていると思いますか?儚い美しさのフラワーアート

街中に現れた綺麗で鮮やかなフラワーアート。
7

このフラワーアート、何で描かれているかわかりますでしょうか?
4

実はこちら、サンドアートと呼ばれる色がついた砂を使ったアート作品となります。
2

様々な色の砂をさらさらと上から少しずつこぼして描く幾何学柄のフラワーアート。
5

こちらのアートを生み出しているのは、ニューヨークに活動拠点をおいているJoe Mangrum氏です。
1

下に接着剤をつけているわけではないので、風が吹けば吹き飛んでしまいます。
しかし、だからこそこのような滲んだ表現も出来ます。
3

描いてきたフラワーアートはすでに何百もの数を超えているとのこと。
6

何を描くかは、その時々のインスピレーションで決めているそうです。

何時間もかけて描いた素敵なアートも、完成して写真を撮ったら片づけてしまう。

一瞬で消えてしまう儚いアートは、彼のFacebookやギャラリーで見ることが出来ます。

引用:joemangrum
http://www.joemangrum.com/artnews/

【Facebook】iPhone5で気軽に挨拶する

時限式のメッセージが楽しい

読んだら消えるお手軽Poke(あいさつ)

「Poke」は、Facebookのあいさつの機能のことです。Facebookをやっていらっしゃる方は、お友達から「Poke」が届いたりまた送ったりする経験がありますか?

アプリ「Facebook」を使えば、Pokeでテキストや写真・動画を送信できるんです。受信したら開封後1秒から10秒くらいで消えてしまうので、軽い挨拶や保存されたくない写真や動画を送るには、好都合♫

ちなみに受信側は、スクリーンショット撮影も可能です。

1.送受信画面をチェック

アプリを起動すると、Pokeの送受信が一覧で表示される。相手がメッセージをスクリーンショットすると赤い爆発マークがつく。

Facebook Pokeを使おう-1

2.Pokeでテキストを送信

手順1の画面下部から吹き出しボタンをタップ→送信相手を選択→テキストを入力し送信時間を設定→「送信」をタップ。時限式のメッセージが送信できる。

Facebook Pokeを使おう-2

【Facebook】iPhone5で撮影した写真をアップする

Facebookに撮影した写真をアップする-1

編集・加工した写真をFacebookでシェア

編集・加工して複数毎まとめて投稿

Facebookのタイムラインに写真をアップするには、「近況」に写真を貼付するか「写真」からカメラロールを開き、投稿写真を選択する。選んだ写真は、トリミングやフィルタなどの編集・加工ができます。

1.カメラロールから写真を選択

投稿したい写真をタップ。複数選択する場合は、写真右上をタップしてチェックマークを付ける。

 

2.写真を編集・加工する

投稿写真はトリミングしたりフィルタをかけたりして加工する。そして、右下のボタンから投稿画面へ。

Facebookに撮影した写真をアップする-2

写真にタグ付け

友達を写真にタグ付けするには、写真編集画面で写真をタップする。友達の候補がリスト表示されるので、タップして選択。

 

スマホで写真のタグ付け制限設定をする/Facebook

写真のタグ付けは、写真の共有や自分が撮影されている写真がまとめられて
いる点では便利です。しかし友達が自分の名前をタグ付けしたことで、
公開されたくない写真が拡散され、見られたくない人にまで見られてしまう
ことがあります。トラブルを防ぐため、あらかじめ設定しておくと、ある程度
事故を防ぐことができます。
スマホのFacebookアプリを開き、右下アイコンアカウント設定
タイムラインとタグ付けの順でタップします。

120_1

タイムライン掲載を確認をオンにします。

120_2

タグ付けの公開範囲を自分のみにします。

120_3

タグを付けられたら、承認するかどうかの設定ができるのでタップします。

120_4

ここをオンの設定にします。

120_5

スマホの位置情報をオフにしたい/Facebook

スマホは外出先からでも気軽に投稿ができます。しかし、スマホの位置情報
サービスの設定がオンになったままだと不安だという場合は、スマホの設定から
位置情報サービスをオフにすることもできます。まずiPhone5の設定アイコン
開きます。その次にプライバシーをタップします。

119_1

位置情報サービスをタップします。

119_2

様々なサービスの一覧が表示されます。その中からFacebookの項目を
オフにしておきます。

119_3

Facebookのアプリに戻り、近況投稿画面を開きます。位置情報のアイコン
があります。それをタップして現在地が出てこなければオフになっている
証拠です。オンの状態だとすぐに現在地周辺が出てきます。現在地を選択
するとアイコンが青くなって、投稿欄に現在地の場所がテキスト表示されます。
オンのままだと誤操作で位置情報を付けてしまうということも有り得るかも
しれないので、気になる人は標準はオフにしておいたほうが安全かもしれません。

119_4

写真の全体公開のミスを防ぐ/Facebook

写真と共に近況投稿をして、うっかり公開範囲の指定をし忘れて全体公開という
事故を防ぐ方法があります。あらかじめ公開範囲を設定しておくと安全です。
まず、右下アイコンアカウント設定の順でタップします。
設定画面が表示されたら、プライバシーをタップします。

118_1

今後の投稿の共有範囲をタップします。

118_2

公開範囲の中から、自分のみを選択します。

118_3

最初の画面に戻り近況投稿の画面を立ち上げると、公開範囲設定が先ほど設定
した自分のみのアイコンになっています。

118_4

公開範囲を変更する場合は任意の範囲を選択します。

118_5

また投稿そのものを削除する方法もあります。自分のタイムライン画面で
投稿の右上の逆山形のアイコンをタップして削除できます。

118_6

カテゴリー: Facebook---公開範囲について, Facebook---写真関連 タグ: , , , ,

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.