>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

iPhoneならではのシンプルな操作方法

2013-08-27

携帯電話やパソコンと違って、iPhoneの操作方法は独特です。
一見難しいと思われがちですが、実はどれもシンプルで直感的に動かせるものばかりです。
慣れてしまえば問題なく使いこなせますし複雑な操作がない分、他の端末よりも楽かもしれません。

こちらのページでは代表的なiPhoneの操作方法を紹介致します。

iPhoneの操作方法

タップ

液晶画面を指先(爪では反応しない為、指の腹の部分で触りましょう)で軽く【トンッ】と叩くように触れることです。
アプリを起動する時や、選択するときに最も使う操作方法です。

004

ダブルタップ

その名の通り、タップを2回【トントン】と連続で画面を叩くことです。
地図の拡大や縮小に使ったり、文字を選択する時等に使う操作方法です。005

スワイプ(フリック・スクロール・スライド)

画面上をこするように指を上下左右に動かす方法を【スワイプ】といいます。
一度押さえてからスワイプする方法を【フリック】といいます。
スクロールやスライドと言う人もいます。006

ピンチイン

画面に2本の指を置き、画面をつまむように縮める操作方法です。
画像の縮小に使うことが多いです。
画面から指を離してしまうと確定されますので離さないように注意しましょう。007

ピンチアウト

ピンチインと逆の操作で、画面に2本の指を置き広げる操作方法です。
画像の拡大に使うことが多いです。
同じく、画面から指を離さないようにしましょう。008

 

iPhoneは画面上の操作はこれらを覚えておけばほとんど使うことが出来ます。

以前の携帯電話の様にボタンがたくさんあるわけではないので、
ほとんどが液晶に写っているアイコン等をタップすることで操作します。

これらを覚えておいて損はないでしょう。


カテゴリー: iPhoneの基本
タグ: ,
Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.