>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

iPhoneをしっかりロックしよう

2013-09-04

iPhoneは初期から【ロック】がかかっています。
しかしこの【初期状態のロック】は、ロック画面でボタンをスライドすれば
簡単に解除出来てしまう言わば誤操作しないためのロックです。

もしもiPhoneを落としてしまったときにこの【初期状態のロック】しかかけていないと
誰にでもメールや電話帳、写真やスケジュールなど全て見ることが出来てしまいます。
親切な方が拾ってくれれば良いですが、万が一個人情報を悪用するような人が
ロックがかかっていないiPhoneを拾ったりしたら大変なことになってしまいます。

それでは、このプライベートな情報がいっぱい詰まったiPhoneを
どのようにして守れば良いのでしょうか。

それは【パスコードロック機能】を活用することです。

今までのiPhoneでは4桁の数字しか使えなかったのですが、
iPhoneが進化して今では、長いパスコード、英数字、記号などを使った複雑な
パスコードの設定もすることが出来るようになりました。
しかし、あまり複雑なパスコードにするといちいち入力するのも手間ですし
ほどほどにしておくことをオススメします。

もちろん、今までの4桁の数字でもパスコードロックがかかっていない状態よりも
断然防犯にはなりますので、セキュリティ管理は
iPhoneを持ったらまず最初にしっかりと行っておきましょう。

パスコードの設定方法

設定画面の中から【一般】ボタンをタップします。044

 

一般画面の中から【パスコードロック】ボタンをタップします。045

 

パスコードロック画面の中から【パスコードをオンにする】ボタンをタップします。
ここで【パスコードをオフにする】になっている方はすでにパスコードでの設定がされています。046

 

『簡単なパスコード』が【オン】の場合は4桁の数字でパスコードが設定されています。
【オフ】にすると、英数字屋記号を使った複雑なパスコードが設定出来ます。047

 

パスコードを設定した状態で、スリープから起動してロック解除のスライドを動かすと
設定したパスコードを入力するこちらの画面が表示されます。
正しいコードを入力しない限り使用することが出来ません。IMG_1026

 

※注意点として・・・

もしも10回パスコードの入力を間違ってしまうと
電話帳や写真などのデータが全て消去されてしまいます!
防犯上はとても良い機能ですが、全て消えてしまうなんてとっても悲しい事ですので
パスコードは絶対に忘れないようにしましょう。048


カテゴリー: iPhoneの基本
タグ: , ,
Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.