>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

【Documents by Readdle】iPhone5で超多機能なファイルビューアを使う

2013-11-23

「GoodReader」より便利!無料でここまで出来る神アプリ

豊富なファイル形式にも対応

iPhoneで文書を開くアプリとして有名なのは、「GoodReader for iPhone」というのがありますね。皆さん、お使いですか?

このアプリ、とても便利で機能が豊かなんですが、有料アプリ。そこがネックという人も多いじゃありませんか?

そこでオススメしたいのが「Documents by Readdle」。無料なのに有料アプリ「GoodReader」に負けないほどの高機能が自慢です。

特徴的なのは、対応するファイル形式がえらい豊富なこと。エクセル、ワード、PDF文書も当たり前で、画像の表示や音楽や動画の再生も可能なんです。ZIP形式のファイルをタップするだけで解凍出来るのも強みですね。面倒じゃないのがイイんです。

クラウドとの連携も強力で、DropboxやGoogleドライブ、Box、SkyDrive、SugerSyncなど豊富なサービスに対応しています。オンラインのファイル管理にも是非是非、この「Documents by Readdle」をお供にどうぞ。

ブラウザ機能も搭載した優等生!

内蔵ブラウザも利用できるので、ネットの画像などもダウンロードして、アプリ内で管理ができる。ウェブページをそのままPDF形式で保存することも出来て、超便利♩

Documents」画面のファイル操作はこうだ!

Documents by Readdleの使い方

1.ファイル検索

ファイルをキーワード検索するときに使用。文書内の語句を検索することも可能。

2.お気に入りのファイル

お気に入りのファイルを指定しておくと、その後の作業がしやすい。

3.ファイルを閲覧・再生

ファイルのアイコンをタップ→内蔵ビューアで閲覧可能。動画や音声ファイルも再生可能。

4.iCloudと連携

「Edit」画面からファイルをコピーして、iCloudにアップロードすることが可能。このアイコンをタップすれば、iCloud上のファイルも閲覧可能。

5.書類を開く

書類を開く際にタップ。

6.編集・管理

ファイルの編集や管理の際にタップ。

7.最近使ったファイル

「Recents」フォルダいは、最近使ったファイルが保存されている。

8.クラウドに接続

タップで「Network」画面が開く。DropboxやGoogleドライブなどにアクセス可能。

9.設定画面を開く

Wi-Fiや同期について、またブラウザやビューア、PDFその他の設定の画面を開く際にタップする。

10.内蔵ブラウザを起動

アイコンをタップ→内蔵ブラウザが起動→ウェブページを閲覧可能

 

クラウドからファイルを転送

1.接続先を選択しログイン

「Network」画面を開き、利用したいサービスを選択。新接続先を追加するには、「Add Storage」をタップでOKJ.

Documents by Readdle-接続先を指定してログインする

2.ファイルを選んでダウンロード

「Edit」をタップしてファイルを選択→「Download」をタップでダウンロード可能。また、複数ファイルも一括ダウンロード可能。

Documents by Readdle-ファイルを選んでダウンロード

注釈などの機能を利用

1.PDF形式の文書に注釈を付ける

画面左下の「a」アイコンをタップ。駐車ツールを表示。テキストのハイライトや下線、ノート注釈などの機能も使える。

Documents by Readdle-JPDF式の文書に注釈をつける

2.他アプリとの連携も強い

閲覧画面で右下のアイコンをタップ→メニューを開く。「Opne in..」から別のアプリでファイルを開くことが可能。

Documents by Readdle-他アプリとの連携

 パソコンからWi-FI経由で転送する「Network」画面にあるアイコンをタップすると、以下のような画面が表示される。記載されているURLにパソコンのブラウザでアクセスすると、ファイルを転送することが可能。

Documents by Readdle-パソコンからWi-Fi経由で転送するワザ

【アプリ】Documents by ReadlleDocuments by Readdlehttp://p.tl/xzSj(価格:無料)

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.