>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

【Google Maps】iPhone5で使う地図アプリ大本命

2013-10-14

地図検索のマストアイテム「Google Maps」のワザを極める!

地図にまつわる様々なツールですばやくチェック

みなさん、地図アプリは何をお使いですか?

「Google Maps」は、Googleが提供する地図サービスで、これは外出するならコレを持てというくらいの本当にマストアイテムですね。

iOS5までは標準アプリの「マップ」がGoogle地図を提供されていましたが、iOS6からはアップル独自のデータに切り替わったために、Googleマップは独立したアプリとして提供されることになりました。

iOS6からは送受信する地図データにベクター方式を作用し、通信量の提言と同時に表示速度が大幅に向上したのがウレシイですね!

Google Mapsの地図データの制度や地域情報の豊富さには定評があります。上から見るタイプのものだけではなく、「バードビュー」表示で斜め上から見下ろすことが出来、遠近感も体感出来たり、またGoogleとしておなじみの「ストリートビュー」、iPhone5の包囲センサーと連動して地図の向きを実際の方向に連動するコンパス機能があるなど、地図アプリとしては大本命の理由がわかりますね。

便利で楽しい「ストリートビュー」は、それぞれ地域によって、自動車、自転車、スノーモービルなどを世界中で駆使して撮影をしているのはご存知かと思いますが、他に一部の大型施設では建物の内部まで写真で確認することが出来るようになりました。

■Google Maps 画面構成大紹介

Google MapsをiPhone5で使う 画面紹介

1.検索

住所や郵便番号などを入力して、地図を検索することが可能に。

2.経路検索

出発地と目的地を入力。

3.ビュー

交通情報や路線図など、地図への付加表示のオン・オフ。

4.情報シート

ピンを立てた場所の詳細情報が表示。

5.プロフィール

ログインしているGoogleアカウント情報はここから。

6.ピン

ピンを立てて、場所を指定する。場所いや地域情報の閲覧や位置の保存などに使用する。

7.経路探索(ピン)

現在地とピンン止めした場所を出発地・目的地にとした経路探索機能を呼び出す。

.8.現在地ボタン・コンパスボタン

タップすると現在地を表示する。サイドタップで現在地と同じ方向を向く。(コンパスモード)

 


■地図を見るための基本操作

1.指一本でスクロール

これは基本中の基本の操作。指一本でドラッグすると、地図をその方向へスクロールすることが可能。

Google Mapsの使い方-指一本でスクロール

2.ピンチイン・アウトで拡大縮小

ピンチイン(縮小)・ピンチアウト(拡大)で、地図を見やすく調整することができる。指一本でダブルタップ→ドラッグでも可能。

Google Mapsの使い方-ピンチインピンチアウトで拡大縮小

3.指2本で向きを回転。

指2本で回すようにドラッグすると、地図の向きを回転することが出来る。

Google Mapsの使い方-指2本で向きを回転

4.指2本で立体的に俯瞰が可能。

指2本を同時に下方向にドラッグするとバードビュー(俯瞰)表示になる。上方向で同時に指を移動させれば、元に戻る。

Google Mapsの使い方-指2本で立体的に俯瞰

5.ロングタッチで位置を特定。

ロングタッチした場所にピンが立ち、位置を特定できる。経路探索や地域情報の閲覧に使用できる。

Google Mapsの使い方-ロングタッチで位置を特定

 【アプリ】Google MapsGoogle Mapshttp://p.tl/zdCC(価格:無料)

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.