>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

【iCloud】無料でも十分使えるiCloudに完全にマスターしよう

2013-12-01

特別な注意をせずに自動で同期やバックアップが可能に

iOSと一体化した使いやすいサービスを

iCloudは、アップルがiPhoneなどのユーザー向けに提供するクラウドサービスです。Apple IDを使って簡単に登録ができて、無料で5GBのストレージを利用できるストレージです。

iPhoneのデータをバックアップしたり、連絡先やカレンダーやメモなどのデータを自動的に連携した端末すべてに同期が出来るので、大変便利です。

また、写真の同期や共有に便利な「フォトストリーム」、iPhoneの紛失時にも大変に役立つ「iPhoneを探す」なども、様々な機能が網羅されています。

iCloudはiPhoneだけではなく、通常のブラウザでパソコンからもアクセスができます。

■新しくApple IDを取得する

1.無料Apple IDの作成を開始

「設定」→「iCloud」画面で、下部にある無料の「Apple IDを作成」をタップ。

iCloud完全マスター-無料AppleIDの作り方

2.メールアドレスの取得を選択

氏名と生年月日を入力→「無料iCloudアドレスを入手」にチェック→「次へ」→必要項目を入力→ID取得する。

iCloud完全マスター-無料AppleIDの作り方

各アプリデータの同期を設定

1.同期するアプリをオンに切り替え

「設定」→「iCloud画面で同期したいアプリ」やデータを選ぶ。

iCloud完全マスター-同期するアプリをオンに切り替え

2.iCloudとiPhoneのデータを結合

同期がオフをオンに切り替えると確認画面が表示される→「結合」をタップ。

iCloud完全マスター-iPhoneとiCloudのデータを結合する

バックアップをiCloudに作成

1.iCloud自動でバックアップ設定

「設定」→「iCloud」→「ストレージをバックアップ」で「iCloudバックアップ」をオンに。

iCloud完全マスター-iCloudでバックアップ-1

2.PCバックアップの警告を確認する

iCloudへのバックアップをオンにすると、PCにはバックアップが自動作成されなくなるので要注意。

iCloud完全マスター-iCloudでバックアップ-2

もしもの紛失や盗難に備える

1.プライバシーの位置情報サービスを使う

「設定→「プライバシー」→「位置情報サービス」で「位置情報サービスをオンに。

iCloud完全マスター-位置情報サービス-1

2.追跡サービスをオンにしておく

「設定」の「位置情報サービス」または「iCloud」で「iPhoneを探す」をオンにしておく。

iCloud完全マスター-位置情報サービス-1

■iCloudの容量不足に備えるiCloudがいくら自動で便利だとはいえ、容量が足りなくなるときほどピンチなことはありません。殆どがバックアップするデータの容量が原因となっていることが多い。

「設定」→「iCloud」→「ストレージとバックアップ」→「ストレージを管理」でiPhoneの名前をタップ→「バックアップオプション」で重要度の低いアプリをオフにしておくと節約ができる。


Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.