>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

いざという時に頼りになる緊急対策アプリ1 / iPhone

2013-10-14

2011/3/11の大震災は記憶に新しいですよね。
あの日の怖さは忘れることが出来ないと思います。
そして、その時に起こった通信障害。電話がつながらない状態が続き
とても心配になった方多かったのではないでしょうか。

都会で便利に暮らしていると、当たり前に何でもあるので
ついつい忘れてしまいがちですが、世の中には【当たり前】にあることは
何一つありません。
いざという時に慌てない、取り乱さない為にも緊急対策アプリを
iPhoneに入れておきましょう。

オススメしたいアプリはたくさんありすぎますので2回に分けて
紹介致します。

懐中電灯アプリ

馬鹿にできないのが懐中電灯アプリです。災害時には停電も十分に考えられます。
夜停電になってしまった時に、安全に外に逃げ出す為には
懐中電灯が必須アイテムになりますが、案外すぐに見つからないものです。
そこでオススメするのがiPhoneアプリに入れてしまうことです。335

基本的な使い方は、上部にある【電源】ボタンをタップして
オン/オフを切り替えるだけです。336

左側の【オンオフ】切り替えスイッチにて、
パチパチパチパチといったフラッシュになります。
万が一、閉じ込められてしまった時等に解りやすいライトです。337

災害用伝言板

災害用伝言板は、残念ながらキャリアで分かれてしまうので
親や、子供、繋がりたい人とキャリアが同じでなければ使えないのですが
出来ればこういったサービスで繋がれるようにしておくと少し安心出来るかもしれません。
※こちらはソフトバンクのアプリです。338

通常はこちらをタップしても確認出来ませんが、
災害時には【災害用伝言板】ボタンをタップすると
安否情報の登録と確認が出来ます。339

ゆれくるコール

最近は、iPhoneにも標準で地震を予知するとアラームが鳴るように
なりましたが、以前はまったく鳴らなかったのでこのようなアプリを
自身で入れるようにしていました。340

どのくらいの震度で通知するのか、予測地点をどこにするのか
などの設定を自分で行えるので、実家の登録等をしておくのも
良いかもしれません。341


Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.