>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

iPhoneがおかしい時の対処法 中度の場合 / iOS7

2013-11-22

iPhoneがなんか調子悪いな…と思う時はたまにあるかと思いますが、
前項で紹介したように、基本的には電源を入れなおす【再起動】で
ほとんどの場合は直ります。(再起動の詳しい方法はこちらから)

というのも、アプリをたくさん立ち上げていた為に
動きが遅くなってしまっていたりすることも多いので、
電源を入れなおすことによってたくさん立ち上げていたアプリを
一度リセットかけることが出来る為です。
リセットと言っても、アプリのデータが消える訳ではなく
立ち上げっぱなしだったアプリを一度閉じるという意味です。

使用頻度の少ないアプリはたまに閉じる癖をつけておくと
調子が悪くなることも少なくなるかもしれませんよ。

しかし、再起動しようとして電源ボタンを押し続けても
【電源オフ】のボタンが出てこない時があります。
この場合は、少しiPhoneのダメージが大きくなってしまっています。

こちらのページでは、電源ボタンを押しても電源オフが出来ない場合の
対処方法について説明致します。

iPhoneをリセットする方法

ここでお話するリセットというのは、上記で説明したことと同じく
全ての設定をなかったことにするわけではありません。

方法としては
【ホームボタン】を押しながら【電源/スリープ】ボタンを押し続けます。
大体10秒以上押し続けましょう。
これが【リセット】という方法です。487

タイミングが合わないと【Siri】が起動してしまいます。
そんな時には焦らず、再度仕切り直して2つのボタンをなるべく同時に
押すようにしてみましょう。489

タイミング良く同時に押せていると、真っ黒の画面になります。
しかしここで指を離さずに、白いアップルマークが画面に表示されるまで
根気よく押し続けましょう。488

アップルマークが表示されたら指を離して下さい。
通常通りに立ち上がると、リセットが完了しました。
ここで立ち上がれば復活の可能性がかなり高くなります。


Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.