>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

iPhoneを辞書として使おう / iOS7

2013-11-19

わからないことがあったらググる。
これは【Googleで検索する】という事の略語ですが
若い人の中では何かわからないことがあったら
すぐにスマートフォンやパソコン、iPhoneで検索する人が多くなっています。

たとえどんなに小さなことでも気になってしまうと
モヤモヤしてしまう女性もiPhoneがあればすぐに検索することが出来ます。
疑問がその場で解決できるのは気持ちいいですよね。

しかしwebページで検索して出てきた記事の中に
わからない単語や読めない漢字が合った場合どうしますか?
またその単語をコピーしてGoogleで調べますか?

実はiPhoneには辞書機能が備わっています。
iOSの進化と共に辞書機能も進化していますので是非使ってみて下さい。

iPhoneの辞書の使い方

webページを見ていて、検索したい単語が出てきた時に
まず、その単語を長押しします。
すると色が反転しますので調べたい単語が全て反転するように位置を指定します。475

表示されたメニューの中から【辞書】をタップします。476

標準辞書は、ウィズダム英和和英辞書とスーパー大辞林の
2種類から選ぶことが出来ます。477

例えば、ウィズダム和英辞書を選ぶと、
単語のスペルを見ることが出来ます。478

ユーザー辞書を使ってみよう

もうひとつの便利な辞書機能としてあげられるのが
ユーザー辞書です。
良く使う単語を登録することが出来ます。479

ユーザー辞書の登録画面です。
変換の候補として表示されるようになりますので
その文字が変換候補にでてくるようにひらがなで登録しましょう。480

例えば、長いアドレスを入力するのが手間だという時には
アドレスを登録しておくと一発で変換できますので
とっても便利です。


Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.