>> iphone トップ有料アプリランキング1〜50位をチェック! <<

LINEの仕組みと安全性について

2013-06-23

自動に追加される友だち登録の仕組み

LINEをiPhone 5‎にインストールすると、電話番号に加えiPhone 5‎の電話帳に登録された情報をLINEに登録するかどうかを選べます。

ここで、電話帳の情報を利用することによってアドレス帳に登録されている人の電話番号を基にLINEを使用しているユーザーを検索し、LINEを使っている友だちがいれば自動的に追加されます。

携帯電話を機種変更した際に、ひとつひとつ再入力で登録するような面倒な登録作業なく、友だちを登録することができます。

IMG_0262

例えば、AさんがLINEを登録する際にAさん自身の電話番号を使ってLINEを登録すると、LINEのサーバーにAさんの電話番号が保存されます。

Aさんの電話番号を、自身の携帯電話の電話帳に保存しているBさんが、LINEを登録する際に、Bさんの電話番号で登録すると、サーバー内でAさんの番号が見つかり、友だち同士と認識され、電話帳に登録されている友だちが自動的にLINEのリストに追加されるというわけです。

便利ですが、安全性はどうなのか気になりますね。

次項で説明致します。

電話帳の情報は暗号化されます!

電話帳の情報は個人情報の宝庫ですから、「LINEを使うと個人情報が漏れてしまうのでは・・・?」と心配されますよね。著者も同じことを思いました。

しかし、現在LINEでは電話帳の情報をサーバーに送信する際、電話帳の電話番号と、メールアドレスのみ送信されます。

そして、電話番号は暗号化された状態でサーバーに登録される為、万が一情報が漏洩してしまった場合でも第三者に知られる危険性は低いと言えます。

サーバーに送信する情報の設定について

以前のLINEでは、登録の際に友だちへの追加に対する設定を変更できませんでした。

その為、自身の電話番号を電話帳に登録しているユーザーに対して自動的にLINEを始めたことが通知され、前項で触れたように、面倒な登録作業なしにトークや通話を開始できたのですが、便利な半面それほど親しくない知人や仕事関係の人とやりとりしたくない場合も自動的に登録されてしまっていました。

これはちょっと困りますよね。

現在この問題は解決しています。

アプリのインストール時に友だちへの追加を拒否できるようになりました。(詳しくは後ほどご説明致します)

IMG_0088

そのほか、電話帳の情報自体をサーバーに送信する情報を選択できるようになったので万が一の場合を考えてLINEを登録出来なかった方も安心して登録出来るようになったと言えるでしょう。


Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.