Posts Tagged ‘非表示’

【LINE】iPhone5でニックネーム表示の友だちの本名が知りたいとき

きちんと相手を確認したいときにどうすればいいか

自動登録された人をアドレス帳と照合する方法

友だちによっては、名前がニックネームで表示される場合があります。でもこれでは誰だか判別出来ないケースもありますね。そんなときには、端末の連絡先と照合しましょう。

「友だち自動追加」を一時的に有効にすると、端末の連絡先に該当する人がいれば、その名前に変更されるしくみです。

名前が変わらない場合には、知らない人の可能性が高いので注意が必要かもしれませんね。

1.友だち自動追加を更新

LINEの「その他」→「設定」→「友だち」→「アドレス帳」を開く→「最終追加」の横のボタンをタップする。

 

【LINE】ニックネーム表示の友だちの本名が知りたいとき-1

2.連絡先へのアクセスを許可

連絡先へのアクセスを求めるダイアログが表示されるので、「OK」をタップすればOK。

【LINE】ニックネーム表示の友だちの本名が知りたいとき-2

■友だちの「非表示」とはなに?友だちリストでは、編集メニューからブロックかもしくは非表示にすることができる。非表示の場合はブロックと違い、トークや通話は可能。

iPhone5のホーム画面の壁紙がアイコンで隠れないようにしたい

たくさんのアイコンで美しい壁紙を邪魔されたくないとき

ホーム画面1ページ目にアイコンを無くせる

せっかくお気に入りの壁紙をホーム画面の壁紙に設定してみても、たくさんのアプリのアイコンが邪魔して見えない!ということはありませんか?

そんなときには、iPhoneはホーム画面の1ページ目に限り、アイコンを非表示にすることが出来ます。

これで、画面一杯にお気に入りの壁紙を表示できますネ!

1.ホーム画面のアイコンを移動する

ホーム画面の1ページめにあるアイコンを2ページ目以降にすべて移動させる。

iPhone5のホーム画面のアイコンを移動させる-1

2.ドッグアイコンも非表示に

通常のアイコンだけでなく、画面の下部にあるドックアイコンも削除ができる。

iPhone5のホーム画面のアイコンを移動させる-2

■アプリを追加しても大丈夫1ページ目のアイコンを移動してからアプリを追加インストールしても、1ページ目にアイコンが追加されることは無いので、ご安心を。

iPhone5で通知バナーをすぐに非表示にする方法は?

案外煩わしい通知センターをすぐに消したい!

お手軽♪軽く下にフリックするだけ

iPhoneで作業中に表示される通知センターほど煩わしいものはありません。

すぐにこの通知センターを消したい!というときには、通知バナーを軽く下に引っ張ったのちに上にフリックすればいいんです。

通知センターもじきに消えますが、自然に消えるのを待つより早く通知バナーを消せるテクニックです。

1.通知センターが表示される

通知のバナーが表示されたら、下に軽くドラッグ。

通知のバナーをすぐに非表示にするやり方-1

2.引っ張ってすぐに指を離せば通知は消える

少し下にずらした状態で上にフリックすれば、通知は消える。

通知のバナーをすぐに非表示にするやり方-2

友達ごとに投稿表示数を調整する/Facebook

友達によっては投稿を連続投稿し、読みたい記事が流れてしまい、見逃してしまうこと
があります。そのような時は、友達やフォロー相手ごとに、表示するカテゴリの記事
を決めることができます。今回はパソコンから操作を行います。まず自分のタイムライン
画面の上メニューの友達を選択します。下の欄に友達の一覧が表示されるので、
友達ごとに投稿記事の表示設定をします。

158_1

友達のプロフィールページの上の方に、友達アイコンがあります。クリックすると
メニューが現れるので、設定を選択します。

158_2

次に、表示するカテゴリの記事のオン/オフを選択します。ある友達の投稿を見たくない
場合、前出の2番目の画像で、ニュースフィードに表示のチェックを外し、オフにします。

158_3

大量の投稿記事を非表示で減らす/Facebook

ニュースフィード画面を見ていると、連投の投稿記事が多すぎて本当に読みたい
記事が読みづらくなってしまう現象がしばしば起こります。
そのような時は、特に重要ではない記事を非表示にすれば、整理されて
読みやすくなります。
今回のこの操作はスマホから行ってみます。
まず、非表示にしたい記事の右上、逆山形のアイコン∨をタップします。

153_1

そうすると、下から、メニューが現れます。非表示にするボタンを選択して
タップします。

153_2

先ほどの記事が非表示になり、短くすっきりしました。また、非表示にする記事を
間違えてしまった場合、元に戻すことができます。非表示にした記事の所に
表示するボタンがあるので、それをタップすると再び記事が現れます

153_3

タイムラインから特定の友だちの投稿を非表示にする方法 / LINE

LINEのタイムラインは、ブロックしている友だちを除くすべての友だちの投稿が時系列で表示されます。
その為、友だちが増えれば増えるほどタイムラインには投稿が多くなります。
表示される投稿が多くなると、閲覧したい友だちの投稿を探すのが難しくなってきますので、タイムラインの投稿を閲覧しなくても良い相手の投稿を非表示にしてみましょう。
一度非表示にしても戻すことはいつでも可能です。ただし、タイムラインには表示されていませんので設定から戻します。

こちらのページではiPhone版LINEでの、特定の友だちをタイムラインから非表示にする方法・非表示の設定を解除する方法について説明致します。

特定の友だちの投稿を非表示にする方法

440「メインメニュー」画面から【タイムライン】ボタンをタップします。

442非表示にしたい友達の投稿を右か左にフリックすると【非表示】ボタンが表示されますのでタップします。

443非表示の確認のポップアップが表示されますので宜しければ【OK】ボタンをタップします。

444非表示についての説明のポップアップが表示されますので、確認して【OK】ボタンをタップします。

非表示の設定を解除する方法

037_02「メインメニュー」画面から【その他】ボタンをタップ→【設定】ボタンをタップします。

391「設定」画面の中から【プライバシー管理】ボタンをタップします。

392「プライバシー管理」画面の中から【タイムライン・ホーム公開設定】ボタンをタップします。

445「公開設定」画面の中から【タイムライン非表示リスト】ボタンをタップします。

446「非表示リスト」に表示されている友だちから表示したい友だちの右側にある【非表示解除】ボタンをタップします。

非表示設定にした友だちを再度表示するには / LINE

前項で説明しましたが、一度非表示に設定するとその友だちは友だちリストに表示されなくなる為、普段連絡を取らない友人、または企業アカウントの場合ならば問題ありませんが、もし間違って設定してしまった場合は戻そうとしても友だちリストにはいません。

非表示リストという場所がありますのでそちらから再表示設定をする必要があります。

こちらのページでは、iPhoneを使って、非表示に設定した友だちを再表示する為の設定方法を説明致します。

非表示の友だちを再表示する設定方法

037「メインメニュー」画面の中から【その他】ボタンをタップ→【設定】ボタンをタップします。

104「設定」画面の中から【友だち】ボタンをタップします。

135「友だち」画面の中から【非表示リスト】ボタンをタップします。

136_02「非表示リスト」画面から、表示したい相手の名前の右側にある【再表示】ボタンをタップします。

これで、非表示にしていた相手が友だちリストに表示されるようになります。

特定の友だちをリストに表示しない方法 / LINE

クーポンやスタンプの取得の為に友だち登録した企業の公式アカウントや、あまり連絡を取らない人の登録が多くなってくると、友だちリストに表示される件数が多くなってきて使い勝手も悪くなってしまいます。また、こういった相手を削除したいと思っても、LINEでは一度友だち登録した相手を削除することは出来ません。このような場合に、友だちリストに表示しない「非表示機能」を活用すると良いでしょう。

こちらのページでは、iPhoneを使った友だちの非表示登録の仕方を説明致します。

ブロックと非表示の違い

以前説明しましたブロックはトークの受信や音声通話の通知を一切しない登録ですが、非表示にするとメッセージの受信は出来るものの、リストには表示されないという機能になります。

メッセージの受信だけしたく、トークはしない等自分からは連絡のとらない相手(企業のアカウント等)にお使い下さい。

友だちを非表示にする方法

132「メインメニュー」画面の中から【友だち】ボタンをタップして、友だちリストを表示します。左上にある【編集】ボタンをタップします。

133_02非表示にしたい相手の名前をタップして、左側にある【○】ボタンを緑色にチェックが入った状態にします。

133_03緑色に点灯している状態で、【非表示】ボタンをタップします。

134「非表示にしていいかどうか」の確認ポップアップが表示されますので、宜しければ【確認】ボタンをタップします。

以上で、非表示になった相手は友だちリストから表示されなくなります。

カテゴリー: LINEの友だちリストのカスタマイズ タグ: , , ,

Copyright(c) 2013 i-social.jp All Rights Reserved.